量より質なの?高く買い取ってもらうには?

質はとても重要なポイント


目の前にくすんだ色の貴金属とピカピカの貴金属があるとすれば、間違いなく後者の方が魅力的です。アンティークなど特別なジャンルを除き、お店側も消費者側も求めるのはキレイな貴金属です。
また、ノーブランドの貴金属と有名ブランドの貴金属を比べた場合も、有名ブランドの方が好まれます。決してノーブランドは質が悪いという意味ではありませんが、有名ブランドは多くの方に支持されているからこそ今の地位を築いているのです。つまりお店側は有名ブランドの貴金属を入手すれば、在庫になることなく他のお客様に再び売ることができるので利益を上げやすいのです。このようにキレイかつ有名ブランドの貴金属は、高く売れる可能性があります。

量も軽視してはならない


お店によっては、質の高い貴金属を少量求めている所もあれば、在庫がとても少なくて質より量を重視している所があります。大抵、お店ののぼりやチラシに「大量買取」や「ブランド品積極買取中」など求めていることを外部へ意思表示しているので、それを見て売るお店を決めると高価買取へ繋がります。
例えば「大量に売って下さい」という表示がされているお店に質の高い一つの貴金属を持って行っても、お店側の思惑と違う品物なので高価買取に繋がらない可能性があります。大量に売りたい時は、大量に物を欲しているお店に持っていくのが鉄則だと言えます。逆に質の高い一点ものは、ブランド品の買取強化をしている所へ持っていきます。貴金属を売る時は、お店側の思惑を察知することが大切です。